フェイシャルエステサロンを選ぶ前に注意する事

体にいい水素結合水

健康に気を配っている人は、水素結合水を飲んでいます。
H4O水素結合水と呼ばれている水も同じです。

 

水の化学式はご存知の通りH2Oと表記され、水素(H)が2つと酸素(O)1つが合わさって成り立っています。
H4O水素結合水も水ですが、水素分子が4つもあり、一般的な水の2倍です。

 

化学式が異なるのに、本当に水と呼んでいいのかと疑問に思われるかもしれません。
H4O水素結合水が誕生したのは、プリウスなどで知られるハイブリッドカーと関わりがあります。

 

ハイブリッドカーに採用する電池は、性能の高さが必要です。
次世代高性能電池ということで、「燃料電池」という酸素と水素から電気を発生させるものの開発に成功しましたが、燃料電池の中の水素を安定させたいということで、H4O水素結合水が作られたのです。

 

電気モーターで稼働するハイブリッドカーのために、新しく開発されたH4O水素結合水を、人間が摂取して問題ないのでしょうか。
H4O水素結合水は、通常の水の2倍の水素を体内に摂取できることから、細胞が酸化するのを予防する働きがあり、美容効果や、崩れた体調のバランスを整えることがわかっています。

 

水分が鉄に付着するとさびてしまいますが、酸化も同じことです。
酸化は鉄だけでなく、人の体内でも起きる変化です。

 

食べ物に例えてみましょう。
バナナやリンゴの皮をむいて空気に触れさせておくと、時間が経過するにつれてどんどん色が悪くなりますが、あれが酸化です。

 

きゅうりなどは、包丁で切ってそのまま放っておいても変色しませんが、理由はH4Oの成分にきゅうりが近いためです。
酸化還元電位がマイナスであることから、色が変わらずキレイなままです。
H4O水素結合水を摂取すれば、人間の体内も錆びにくくなるのです。
健康や美容のためにH4O水素結合水を飲んでいる人ご存知ですが、水 サーバーのおすすめは、水素水です、実践すればするほど効果を実感することができます。